卵子提供のために必要な費用

国内でも一応受けられる

日本国内で卵子提供を望む場合、卵子提供に関する法律や制度がまだ準備段階となっているため、不妊治療のクリニックが集まり「JISART(日本生殖補助医療標準化機関)」と呼ばれる団体を作り、独自のガイドラインを定めています。ガイドラインの条件に合致していれば卵子提供を受けられますが、提供者を自分たちで探す必要がある上、医療機関が驚くほど少ないです。このため、海外で提供を受ける夫婦もいます。国内での費用は150万円前後とされており、海外では300万円以上かかるところもあるため、国による費用をチェックすることが大切です。国によって滞在費を含めて200万円前後まで下がる為、提供を受ける国を調べてから申し込むことは重要といえます。

国によって大幅に違う卵子提供

日本国内の場合にはJISARTが指定した医療機関で提供が行われるため、国内で滞在費を考えることはそれほど必要ありません。また、150万前後の治療費がかかりますが、助成金や医療費控除の対象になれば、支払った金額が返ってくるため、多少安くなるでしょう。問題は海外で治療を受ける場合で、海外で治療を受ける場合には助成金や医療費控除の対象になりません。理由として、海外で認可されていても日本の条件に合致しない場合があるからです。なお、海外での治療は国によって違い、台湾やマレーシアでは200万前後、タイは200から300万、アメリカは500万円以上かかるため、事前にチェックしてから申し込んでください。なお、国によっては卵子提供を認めていない国もあるため、必ず調べて申し込みましょう。